バイク.旅

cb750RC42で行くバイクツーリング高知県の絶景UFOライン

バイクのツーリングは山か海で、今回は山の絶景を紹介します。高知県にある『UFOライン』

どう~この絶景‼

石鎚山の近くの山頂で西日本一の山岳道路で27キロの天空道路です。『UFOライン』の由来はこの道中にUFOの目撃が多いことと『雄峰』を『ゆうほう』を掛け合わせて言うようになりました。

https://twitter.com/hideroku42/status/1016265578284105729

  1. UFOラインの生き方
  2. 山道走行の注意点
  3. UFOライン周辺の道の駅

『UFOライン』ツーリングルート(高松~愛媛)

私は香川県に在中なので、出発は高松市の高速の高松西インター前のセブンイレブンが集合場所です。

ルートは高松西インターから愛媛県西条インターまで高速で行き、国道194号に乗り日本で2番目に直線トンネルが長い寒風山トンネルを走り越えてすぐにUFOライン(瓶ヶ森林道)へ登ります。

 

中間ポイントです。トイレ休憩場所

必ずトイレ休憩はとりましょう。これより先はトイレは無いです。

UFOラインの27キロ以上のクネクネ道(注意点)

山道の注意点は3つ

  1. スピードを出すな!
  2. 左側を走れ
  3. 前、下を注意しろ

スピードは出すな

本当にこれだけは必ず守りましょう。一番事故に合う確率が高いので、せっかくのツーリングが最悪になります。

基本山道の1車線を走る速度は、すぐに止まれる速度です『20~30キロ』が基本です。

左側を走れ

道幅は、基本道幅は2.75m~3mなので真ん中や右よりに走ると、対向車と衝突の恐れがかなりあります。

危険回避はできるだけ、自分で回避して走行することです。事故に合わない起こさないが当たり前です。

前、下を注意しろ

山道の1車線であまり交通がないところは、特に注意が必要です、今回のUFOライン(瓶ヶ森林道)は真冬は閉鎖区域なので(11月下旬~4月上旬まで)前方は小枝や曲がりくねった道、下は小石や小枝が落ちているので注意して走行しましょう。

UFOラインまとめ・おさらい(周辺のお食事処)

UFOラインは、ほぼ山道の険しい道で、山頂の5~8キロ区間が絶景UFOラインです。

道中の登り下りは27キロ以上の険しい山道なので、ゆっくり走行で走ります。

登山ハイキング者や車も多いので山頂では、広くなっている所で絶景を眺める、撮影ポイントです。

UFOラインの周辺の道の駅(食事)

道の駅633美の里があります。国道194号から高知方面へ国道439号へ走行し道の駅へ

大きい道の駅でバイクのりが集まる所です。

道の駅633美の里

もう一つ道の駅は寒風山から国道194号線を高知方面へ

寒風山から近く、キジラーメンが有名な『道の駅木の香』です。

※木の香HPから参照画像 木の香

 

山の奥にあるのでお食事処がこの2つしかありません。

どちらかの道の駅で休憩と腹ごしらえしましょう。

最後にバイク乗りなら知りたい道で県外から多数が四国の439号線(よさく)を探し走りに来ます。マップでこの区間が1番気持ちいい439です。

四国に来るようなら天空の道と絶景を完納してください。

ABOUT ME
アバター
ひで
CB750㏄乗りのひでです。四国香川県に住む現在42歳でバイク歴24年の、バイクと共に生きてきた人生です。バイク初心者さんの『悩み、不安』を解消できるブログを運営しています。バイクは『モトクロス・アメリカン・ネイキッド』が好きで現在は3台保有中です。これからは『四国の旅、バイクライフ』の楽しみ方、バイク初心者さんがバイクライフを満喫できる、手助けになれるようにブログで発信していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA