バイク旅、ツーリング

ドラッグスターでツーリング城崎温泉7つの外湯・城崎マリンワールド【1泊2日の旅】

兵庫県豊岡市とは兵庫県の北端にあります。日本海に接した街に古風な風景の温泉地があります。

私が1番ツーリングで楽しみにしているのが、温泉であり着いて直ぐに疲れを癒し(ほッと)するひと時。

なぜならバイクはいつも、風にあたり疲れるので車より2倍は疲れがたまり、その分2倍以上楽しいし充実します。

温泉地:兵庫県の古風な城崎温泉

真ん中に川があり挟んで両方に並ぶ古風な旅館が城崎温泉地、柳がありゆるりぼんやりな明かりの日本古風な感じです。

今回私がお泊りする旅館は『新かめや』中も古風なつくりの落ち着いた感じの旅館です。

城崎温泉は外湯巡りが名所で7つあります。

※城崎温泉観光ガイド引用

【外湯めぐりお得情報】
1日ぐるっと、入り放題 外湯めぐり券

料金/大人(中学生以上) 1,200円 、小人(3歳以上) 600円

販売場所/各外湯の窓口にて販売

問い合わせ先/豊岡市役所城崎温泉課 TEL 0796-32-0117

温泉地で色々入りたい方は1日入り放題が完全にお得です、私はもちろん1日入り放題にしました。ただ基本お湯の温度が高いのです。(高温泉 温度42℃)

個別の7つ外湯は基本600円~800円なので2個以上入るなら1日入り放題がお得。

夜のご飯は部屋食でかなりリッチにしました。蟹焼きなど色々ついて料金は1人19,000円でバイク旅にはかなり贅沢です。1年に1回は贅沢旅も楽しい。

朝食はこんな感じの朝から贅沢です。

  1. 外湯7つ巡り1日入り放題
  2. 夕食・朝食付き
  3. 料金 1人1泊 19,000円

城崎観光ガイド
リロバケーションズ

城崎温泉への生き方(四国~兵庫)

今回は香川県東かがわ市ローソンからの出発ルートは国道11号線を徳島県鳴門方面へバイク乗りの方には気持ちのいい道になっています。(東かがわ市引田~鳴門)までの海岸線を気持ちよく走る事が出来。

 

途中に四国のライダーが集まる『鳴門スカイライン』があり、景色や道が最高な所です。

週末になるとどことなくバイカー達が集まり、雑談が始まります。

バイク乗りの良いところですね、バイクで話すバイクを見て声をかける。案外『ナンパ』できるかもよ?・・・?

鳴門スカイラインを抜けてからは【高速道路】 鳴門北IC → 垂水ジャンクション 第二神明北線 → 永井谷ジャンクション → 阪神高速7号北神戸線 → 第二神明道路→ 姫路ジャンクション → 播但連絡有料道路 → 和田山ジャンクション → 北近畿豊岡自動車道(無料区間)→ 日高銀高原IC → 県道713号線 と 県道3号線 に入って 豊岡市 城崎町湯島 の 県道9号線 に向かう目的地『新かめや』

ジャンクションが4つあるので、気を付けましょう。

城崎周辺観光スポット

  1. 城崎マリンワールド
  2. 玄武洞公園

城崎マリンワールドは兵庫県北端の日本海側にあります。綺麗な水族館で印象に残って写真を1枚撮りました。『タツノオトシゴ』をマジマジみたのは久しぶりで。

入園料金

[一般]
大人 小人(小・中学生) 幼児(3才以上)
2,470円 1,230円 620円

 

カシャッ!

玄武洞公園はおよそ160万年前の火山活動によって形成された摩訶不思議な岸壁で、自然が作り出す造形美を存分に楽しむことができます。公園なので無料で閲覧できます。

まとめ

城崎温泉は日本古風な旅館で夜には特にきれいなシルエットになります。

今回はバイク旅で紹介しましたが、家族や恋人や夫婦で1泊2日の温泉旅行におススメです。私も今回は1年の癒しとしてバイク旅でゆっくりできる温泉地をチョイスしました。

交通手段は車・バイク・電車なら大丈夫です。

この夏時期は暑さもありつかれも溜まります、バイク乗りの人は『熱中症』にも気を付けてください。

ABOUT ME
アバター
ひで
CB750㏄乗りのひでです。四国香川県に住む現在42歳でバイク歴24年の、バイクと共に生きてきた人生です。バイク初心者さんの『悩み、不安』を解消できるブログを運営しています。バイクは『モトクロス・アメリカン・ネイキッド』が好きで現在は3台保有中です。これからは『四国の旅、バイクライフ』の楽しみ方、バイク初心者さんがバイクライフを満喫できる、手助けになれるようにブログで発信していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA