バイク初心者講座

【ホンダ】CB750RC42空冷4気筒の魅力!故障が少ない大型バイク

バイク乗りを愛する ひでです(@hideroku42

バイクとの出会いは、人それぞれあると思います。

バイク店での出会い、友達知り合いから譲り受ける出会い、ネットでの検索による出会い。

一人一人違うバイクとの出会いをして、購入し愛馬になります。

とてもロマンチックな出会いであなたにはあなたのストーリがあるのがバイクとの出会いです。

今回は私のバイク『ホンダCB750RC42』の魅力について話したいと思います。

  1. ホンダCB750RC42の弱点
  2. ホンダCB750RC42の乗りやす
  3. ホンダCB750RC42のスペック
  4. ホンダCB750RC42のカスタム

 

CB750RC42に出会ったのは、2016年5月1日でした。私は知り合いからの紹介で大型免許も無いのに見に行きました。

これは~!!

かなりの確率でいい品物『愛馬』

もうメロメロで即答で『買います』と言ってたのを思い出します。

ひまと
ひまと
このcbちゃんは、とても丁寧に保管して乗ってきましたで~
ひで
ひで
ひまとさん、見たらわかります。もうワシの物にします
ひまと
ひまと
大事に乗っていただけるなら有り難いことです。

 

ひで
ひで
大事に乗りたいと思います。

信頼性

バイク歴26年

香川県でバイクツーリング主催(メンバー30名)

四国香川県『スマイルツーリングクラブ』紹介

CB750RC42の弱点

基本的には弱点と言うものが無いバイクがホンダCB750RC42です。

弱点があるとしたら下記の2点ですがどのバイクにも必ずあることなので気を付けてると大丈夫な弱点です。

オイルの劣化が激しい

CB750のエンジンオイルの交換頻度は6000㎞の交換目安となっています。(メーカー取扱説明書より)

しかし賞味そこまでの耐久性はなく3000㎞~4000㎞が交換目安と思います。

実際に私自身も乗っていますが3000㎞で交換しています。

空冷エンジンなのでわかる人なら『普通です』の答えが来ると思います。

空冷エンジンはオーバーヒートしやすいので熱がこもりやすい特徴からオイルも劣化しやすいことになります。

メーカー推奨のオイルは10W-30のG1オイル

レギュレータが弱い

レギュレータとはガソリンエンジンの電装系でエンジンがまわるとオルタネーターと言う交流の発電機が回ります。

そこで発生した電気をバイク全体に振り分ける役目をしているのがレギュレータという部品です。

レギュレータが故障するとバッテリーの充電ができなくなるのでバッテリーのが上がります。

CB750RC42の乗りやすさ

CB750RC42は1992年から2007年までホンダのネイキッドタイプを支え15年の不動の歴史があります。

RC42を語る前に知って欲しいことがあります。

それは、RC39の存在でRC42の兄貴分となるエンジンで『ナイトホーク』と言うホンダのネイキッドバイクがありました。

ナイトホークはアメリカ仕様に開発されたバイクで広く直線向きのバイクとして誕生しましたが、日本で不向きのバイクとして扱われ、そのために『RC42』が作られることとなります。

日本の特徴として

  1. 狭い路地
  2. 小回りが利く
  3. 扱いやすい

この3つが必要とされていました。

 

まさしくRC42はそれを兼ね備えたバイクとして設計され作られたバイクです。

乗りやすさと扱いやすさが強みとなったバイクで全国の教習車とし選ばれ誰もが乗れるバイクとして有名になりました。

 

ホンダCB750RC42のスペック

型式 RC42
排気量 747CC
エンジンタイプ 空冷4サイクルDOHC4バルブ並列4気筒
エンジン始動方式 セルフスターター
最高出力 75ps(55.2kw)/8500rpm
最大トルク 6.5kg・m(63.7N・m)/7500rpm
車体重(乾燥重量) 215kg
車体重(装備重量) 233kg
発売開始年 1995年
全長・全高・全幅 2155mm/1100mm/780mm
タンク容量 20.0ℓ
燃費 27.0km/L(60km/h走行時)
燃料供給方式 キャブレーター
シート高 795mm
タイヤ前 120/70ZR17
タイヤ後 150/70ZR17

空冷750㏄4気筒エンジンを搭載したキャブ車でホンダの優等生と言うわれ故障も少なく『ホンダスーパーカブ750』の異名もあり、大型バイク初心者かベテランまでが愛用しているバイクです。

ホンダCB750RC42カフェレーサーカスタム

1960年代のロンドンでオートバイに乗る若者たちが毎晩のようにカフェに集まりロッカーズと呼ばれる改造したオートバイで公道レースをしていたことからカフェレーサーと呼ばれるようになりました。

カフェレーサーの改造の特徴は快適性や便利性を切り捨てて速度や旋回性能を追求して外見は1960年代グランプリロードレース車両をモデルにしたものである。

オシャレにクールに乗るならカフェレーサースタイルにするのもCB750の特徴で様々な人がカスタムして楽しんでいます。

https://www.instagram.com/p/B1TSy_wCRHo/?igshid=warq61973drb

ホンダCB750RC42のまとめ

ホンダCB750RC42は超がつくほど優等生のバイクです。

  •  教習車として選ばれた誰も普通に乗れるバイク
  •  スペックもDOHC4気筒・空冷キャブ
  •  カスタム使用ならカフェレーサーがカッコイイ

特に大型免許を取得した人ではじめて乗るバイクにおすすめです。

ABOUT ME
アバター
ひで
CB750㏄乗りのひでです。四国香川県に住む現在42歳でバイク歴24年の、バイクと共に生きてきた人生です。バイク初心者さんの『悩み、不安』を解消できるブログを運営しています。バイクは『モトクロス・アメリカン・ネイキッド』が好きで現在は3台保有中です。これからは『四国の旅、バイクライフ』の楽しみ方、バイク初心者さんがバイクライフを満喫できる、手助けになれるようにブログで発信していきます。
バイクレンタルの活用

バイクレンタルはいいのか?どんな時に利用するのが一番コスパがいいのかを、ひで流に徹底分析を公開しています。

レンタルバイクとバイク所有者の知識を参考にして下さい。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA