バイク初心者講座

【単気筒バイク】SR400とCB 400SSの徹底比較【試乗動画付き】

単気筒400ccに憧れてる人も多いしバイク乗りなら1度は乗ってみたいと思う単気筒400ccのバイク!

今回は実際に乗ってみてわかった単気筒400ccのバイクメーカー2台を比較したいと思います。

誰もが憧れて乗りたいYAMAHA SR400とあまり知られてないが乗りやすさ抜群のHONDA CB400SSこの2台を徹底分析します。

この記事でわかること

  • 単気筒SR400とCB400SSの比較
  • SR400のメリットデメリット
  • CB400SSのメリットデメリット

はじめに試乗動画もあるのでサクッと知りたい方はこちらの動画を見てください。

SR400とCB400SSのスペックの差

 

※数字が大きいほうに黄色

タイプグレード名 CB400SS SR400
モデルチェンジ区分 カラーチェンジ マイナーチェンジ
型式 SC-NC41 BC-RH01J
発売日 2007年10月 2001年3月9日
全長(㎜) 2165 2085
全幅(㎜) 780 750
全高(㎜) 1125 1105
ホイルベース(㎜) 1405 1410
最低地上高(㎜) 160 140
シート高(㎜) 790 790
乾燥重量(㎏) 139 152
車両重量(㎏) 153 168
燃料消費率 国交省届出(60㎞/h走行時)(㎞/L) 39 48
原動機種類 4ストローク 4ストローク
気筒数 1 1
シリンダ配列 単気筒 単気筒
冷却方式 空冷 空冷
排気量(㏄) 397 399
カム・バルブ駆動方式 OHC(SOHC) OHC(SOHC)
気筒あたりバルブ数 4 2
最高出力(PS) 29 27
最高出力回転数(rpm) 7000 7000
最大トルク(N・m) 31 29
最大トルク(kgf・m) 3.2
最大トルク回転数(rpm) 5500 6500
燃料供給方式 キャブレター キャブレター
燃料タンク容量(L) 11 12
燃料(種類) レギュラーガソリン レギュラーガソリン
エンジン始動方式 セルフ・キック併用式 キックスターター式
点火プラグ標準搭載・型式 DPR8Z BPR6ES
点火プラグ必要本数・合計
搭載バッテリー・型式 YTR7S GT4B-5
バッテリー容量 12V-2.3Ah 12V-2.5Ah 10H
エンジンオイル容量※全容量(L) 2.2 2.4
エンジンオイル量(オイル交換時)(L) 1.7 2
エンジンオイル量(フィルタ交換時)(L) 1.8 2.1
推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-30 10W-40
スポロケット歯数・前 15 19
スポロケット歯数・後 35 56
チェーンサイズ 520 428
ブレーキ形式(前) 油圧式ディスク 油圧式ディスク
ブレーキ形式(後) 機械式リーディングトレーリング 機械式リーディングトレーリング
フロントフォーク 正立フォーク
タイヤ(前) 100/90-19 90/100-18
タイヤ(前)構造名 バイアス バイアス
タイヤ(前)荷重指数 57 54
タイヤ(前)速度記号 S S
タイヤ(前)タイプ チューブタイヤ チューブタイヤ
タイヤ(後) 110/90-18 110/90-18
タイヤ(後)構造名 バイアス バイアス
タイヤ(後)荷重指数 61 61
タイヤ(後)速度記号 S S
タイヤ(後)タイプ チューブタイヤ チューブタイヤ
ホイールリム形状(前) MT
ホイールリム幅(前) 2.15 1.85
ホイールリム形状(後) MT
ホイールリム幅(後) 3 2.15
ヘッドライト定格(Hi) 60W/55W 60W/55W
ヘッドライトタイプ(Hi) H4
スピードメーター表示形式 アナログ アナログ
メーカー小売価格 470,000円 450,000円
ひで
ひで
僕的にはCB400SSの形と乗りやすさで購入しました

SR400とCB400SSと振動の差

単気筒は振動がある長距離だと手が疲れて痺れがでる?

そう言った話を聞くことも多いと思います。

しかし単気筒はこの振動がいいと思い人気があるのも事実。

お馬に乗ってる感覚で振動と鼓動感がたまらなく好きと言う方も多いと思います。

動画を見ていただいたらわかると思いますがSR400よりCB400SS方が振動も少なく乗りやすいと僕は思いました。

SR400の振動を軽減するために主にする処置

  • サスペンション
  • バーエンド ※(おすすめ)
  • ステアリングダンパー
  • パワービーム ※(おすすめ)

リヤサスペンション

リヤサスペンションは振動を軽減してくれることとコーナーが曲がりやすくなります。

価格はかなり高く10万円~・・・!

高価なパーツになるので最終的購入することをオススメします。

バーエンド

ハンドルの振動を軽減してくれるアイテムの1つで価格も安く直ぐにカスタムできます。

微動な振動は軽減してくれるのでおすすめです。

ステアリングダンパー

 

ステアリングダンパーはハンドルのブレや振動も軽減されます。

価格的には15,000円〜50,000円と高価なパーツになります。

パワービーム

パワービームとは?

(パフォーマンスダンパー)ともいうわれてます。

主に車体のヨレや振動をダンパーで、軽減し乗り心地を向上し長時間の走行でも疲れにくいアイテム。

ヤマハパワービームは二輪車専用に開発し世界初のダンパーです。

SR400は振動も売りのうちなので全てを装着しても普通のバイクよりかは、振動はあります。

ただ装備しないともっと振動があるのは確かで長時間は痺れは間違いなくでると思います。

CB 400SSの振動を軽減するために主にする処置

CB 400SSはSRほど振動は感じないですが、やはり単気筒の特有で長時間のると手の痺れがあります。

そこでバーエンドをヘビーに変えたところ!

長時間乗っても手の痺れが無かったのでおすすめはこちらです。

SR400とCB400SSを試乗してわかったメリットとデメリット

どちらも個性派のバイク。

しかし人気車で言うとSR400がかなり人気になってます。

SR400のメリット

  • 古き良きバイク(歴史が古い)
  • 単気筒ほんらいの荒々しい振動で鼓動感が楽しめる
  • カスタムパーツがネットなどで多くある
  • 人気者なのでネットやYouTubeでの情報力が多い

古き良きバイク(歴史が古い)

SRは1978年10月から現在2020年(進行中)歴史あるバイク。

ヤマハの人気車の1つが単気筒SR400

1978年10月にSR400が新登場 型式2H6

1985年4月にマイナーチェンジ 型式1JR

2001年3月にマイナーチェンジ 型式BC-RH01J

2009年12月にマイナーチェンジ 型式EBL-RH03J

2018年11月にマイナーチェンジ 型式2BL-RH16J

単気筒ほんらいの荒々しい振動で鼓動感が楽しめる

SR400はやはり『振動』を楽しむバイクで有名になりました。

単気筒の独特な振動で単気筒でないと味わえない鼓動感が好きな人も多い。

乗って試乗したからわかりますが、アクセル開けてから感じる振動の伝わりは身体全体でバイクに乗ってると思える体感です。

 

カスタムパーツがネットなどで多くある

SRは歴史も長く単気筒では超有名車なので所有者も多く『カスタム部品』もネット直ぐに見つかります。

またメーカーからもカスタム部品も出ているのでカスタム部品に困ることは無い。

自分好みのバイクに出来るメリットがあります。

人気者なのでネットやYouTubeでの情報力が多い

SR400所有者が多くまた人気車なので色々な人が情報を発信しています。

メンテナンス・カスタム・デメリット・故障・対処法などの情報収集が素早くできます。

SR400のデメリット

  • 振動が多いぶん長距離には不向き
  • 高速道路はかなりしんどい
  • セルスターターがないのでエンストなどで焦る

振動が多いぶん長距離には不向き

単気筒で振動が売りのSRでは長距離は不向きになります。

振動によって『しびれ・疲れ』が生じる可能性が大きく長距離では不向きになります。

高速道路はかなりしんどい

メリットでもある振動が高速や長時間走行にはデメリットにもなります。

また単気筒なので高速でスピードがでにくいしやはり4気筒のようなスムーズな走行はできません。

セルスターターがないのでエンストなどで焦る

エンストはSRにとっては致命的!

特に初心者さんなら道の真ん中でエンストした場合は『焦る』ことは間違いない。

実際に経験したからわかることなのですが、慣れてる人でも信号待ちでエンストするとかなり焦ります。

状況にもよりますが、真夏の暑さでヘトヘトな時や寒さでまだエンジンが冷えた状態など、数々の状況が重なり1回のキックでかからない状態だと人はベテランも初心者も焦ります。

最大のデメリットの1つなのは間違いないです。

CB 400SSメリット

  • SRに比べて振動は少ない
  • 車重は軽く扱いやすい
  • 単気筒の鼓動感も楽しめる
  • HONDAのレトロ感なスタイル
  • 2004年からセルスターターがあるのでエンストなどでも焦らない

SRに比べて振動は少ない

HONDA CB400SSはSRに比べ振動は少ないです。

HONDAのエンジンの作りで単気筒でもCB400SSは違和感なく乗れます。

車重は軽く扱いやすい

車種が軽いSRと比べても15kgも軽く操作性は楽。

女性にとっても乗りやすく取り回しが簡単にできるバイクがCB400SSです。

単気筒の鼓動感も楽しめる

振動が少ないから単気筒の鼓動感がないと思われそうですが、それは違います。

ボクが乗ったCB400SSはモリワキのショート管マフラーが入っていますが、ノーマルマフラーでも、単気筒独特の鼓動感は楽しめます。

HONDAのレトロ感なスタイル

HONDAの代表する400ccのバイク

HONDA CB系としての人気車。

CB400SSの魅力として人気なのがHONDA CB400FOUR風の見た目!

古き良きHONDAバイクスタイルの復刻版としたモデルが好きと言う人も多い。

2004年からセルスターターがあるのでエンストなどでも焦らない

なんといってもセルスターターが付いてのが最大のメリット。

キックでもエンジン始動できるしセルスターターでもできるのがとても便利で信号待ちでエンストしても焦らなくて済みます。

CB 400SSのデメリット

  • あまり乗ってないのでネットやYouTubeでの情報量がすくない
  • SRに比べてカスタム部品は少ない
  • 高速道路は不向き(横風に弱い)

あまり乗ってないのでネットやYouTubeでの情報量がすくない

デメリットはSRほど乗ってる人は少ないのでネットでは情報量が少ないです。

SRに比べてカスタム部品は少ない

カスタム部品もSRよりはかなり少なく、対応もしていないので自分で加工したりしないと使用できない物があります。

高速道路は不向き(横風に弱い)

SR同様で高速はやはり不向きで、SRよりも車重が軽いので横殴りの風には振られる恐れが多いです。

SR400とCB400SSまとめ

いかがでしたか?
同じ単気筒でもメーカーによって性能も仕組みも違います。

僕個人が思うことは!

SR400は個性を活かしたバイクで乗りにくさもまた魅力になるバイクだと思います。

CB 400SSは乗りやすく扱いやすいHONDAバイクの単気筒400!

どちらも素晴らしいバイクなので自分はどちらを求めて乗りたいのかをしっかり把握して購入し愛車にして下さい。

読者さんの少しでも参考になれたなら嬉しいです。

【バイク 初心者】ネイキッドタイプ250cc の比較おすすめバイク13選こんにちはひでです。 今回はもっともバイクでベーシックな形である『ネイキッドタイプ250cc』についてメーカー別人気車種の紹介をし...
ABOUT ME
アバター
ひで
CB750㏄乗りのひでです。四国香川県に住む現在42歳でバイク歴24年の、バイクと共に生きてきた人生です。バイク初心者さんの『悩み、不安』を解消できるブログを運営しています。バイクは『モトクロス・アメリカン・ネイキッド』が好きで現在は3台保有中です。これからは『四国の旅、バイクライフ』の楽しみ方、バイク初心者さんがバイクライフを満喫できる、手助けになれるようにブログで発信していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA