バイク初心者講座

バイク初心者ならあるあるミス・トラブル事前に知っていると役に立つ10選

バイク乗りを愛するひでです(@hideroku42 )

初心者の時は必ずと言っていいくらいに、ミス・トラブルがあります。

事前にある程度のミス・トラブルを知っているのと知らないでは、天と地のさがあります。

今回は僕が24年間バイクに乗ってきて分かった、初心者さんによくあるミス・トラブルの解説です最後までお読みください、必ずあなたの手助けになる情報があります。

 

はじめに

 

初心者の悩み

バイク友達の作り方・前回おさらい

①行きつけのバイク屋さんを見つける。
②ツーリングサークルに入る。
③SNSの活用
④初心者は中級者と走る(トラブルの時でも安心)
⑤バイク専用用品5つ(自分の命を守る)
⑥最低限6つの点検(空気圧、タイヤの目、ブレーキ、エンジンオイル、チェーンオイル)

バイク初心者がありがちなミス・トラブル

バイクの免許を取得し、乗るぞ~と思いかっこいいように走り、俺は風になる♪まではよかったが・・・・信号待ちで立ちコケ初心者や女性に多いです。

そんな初心者が必ずするようなミスを上位10個を解説し解決します。初心者さんはこれを最後まで読むと回避スキルがアップします。

山道落ち葉  山道でカーブを抜けたら落ち葉があり冷や冷やしたこと
ETC車専用  バイクなのに安いといい軽自動車のETCをつける
カスタム  見た目重視で乗りにくい
バイク工具積み忘れ  バイク工具をバイクに積み忘れて走る
信号待ちスタートエンスト  信号待ちで吹かしてたがスタート寸前でエンスト
ツーリングトイレ  初ツーリングで遠慮してトイレ休憩が行けない
財布が落ちないか気になる  財布をポッケとにいれたが気になる、落ちないか運転に集中できない
合羽をつんでない  朝晴れていて昼から雨が降り、合羽をもってきてない
セルスタートOFFでセル  エンジンを暖気しようとするが掛からず、セルスタートOFFのまま
カーブになると減速しすぎる  カーブになると1速で曲がると思い、極度のスピードダウン

上位10個です、細かく説明します。

山道落ち葉

山道のくねくねした道では、カーブの向こう側が見えません、ふとした瞬間に落ち葉がありヒヤっとすることがあると思います。落ち葉が落ちてるくらいの道は(狭く1車線)が多いです、狭い道1車線での走行は極力、カメさん運転でOKです。

上級者でもカメさんです、やはり1車線細道は危ない危険これが鉄則ルールなので、初心者が無理にオーバースピードで行く必要は無い。1番は安全な運転が大事です。

狭い1車線はカメさん走行をする。

バイク専用ETCでなく軽自動車のETC使用はダメ

高速道路の料金がバイクと軽自動車は同じで、軽自ETCでも使用できます。nexco東日本コーポレートサイトの規約的にも違反ではありません。またETCシステム利用規程では違反になりますが、罰則はないです。法律的には問題なしですが、なぜバイク専用にしたほうがいいかは3つあります。

  1. 耐水性だから雨降り、湿気に強い。(軽自ETCは耐水でない)
  2. 振動に対応している
  3. バイクで登録するので高速での感知ミスがない

特に③は軽自動のETCだと良くなります。感知せずにゲート開かずと言う事になります。実際は軽自動車登録なので、機械的に企画外とみなされ感知できないとなる。

初心者さんがこのようになると、焦る、危険となるので、ETCは出来るだけバイク専用にしましょう。



ETCはバイク専用をつける。

カスタム

カスタムはかっこいいですよね。見た目が1番の人には、カスタム車はいいです。カスタムでも色々なカスタムがあります。

ここで話するカスタムは、見た目重視のカスタム車は、長時間のツーリングは疲れるツーリング向きでは無いということです。

これは私の体験談ですが、アメリカンバイクに乗り見た目が大事やろって思い、ローダウンサスにしたり、ハンドルを変えたり乗る事を重視してなくて、見た目で乗ってました。ある時ツーリングに行こうと誘われ片道150キロのツーリングで、サスがガチガチで衝撃は直で疲れが半端なく二度と行きたくない思いをしました。直ぐに乗りやすく交換しツーリング使用に戻してからは、快適に走行し楽しめました。初心者は特に見た目より乗り心地重視で考えてカスタムしましょう。



初心者は見た目より乗りやすさ重視のバイクにカスタムする。

バイクブロスの通販なら車種別カスタムパーツ検索OK!

工具積み忘れ

工具は必ず積みましょう、大丈夫だという気持ちが駄目です。

最低限必要な工具

  1. +と-のドライバー各1本
  2. サイズ違い六角レンチ
  3. サイズ違いのコンビネーションレンチ(サイズ違いのスパナでも可)
  4. ラジオペンチ
  5. カッターナイフ
  6. タイラップ
  7. プラグレンチ

 

必ずバイクに搭載してください。トラブルになって道具が無いでは、バイク乗りとして駄目ですし、自分のバイクは自分で治す努力は必要です。なぜなら愛着が湧くからです。

いつどこでバイクメンテナンス出来てもいいように最低工具は搭載

信号待ちでスタートでエンスト

初心者には1番多い項目ですね、必要以上に空吹かしをして、出だしにパワーダウンを考えてなくて、エンストというパターンが多いと思います。

ここでは、信号待ちでニュートラル(N)にしてからの情態も1速(L)の情態も同じですが、信号待ちでは空吹かしはしないようにします。エンストはクラッチレバーをゆっくり離すときにパワーダウンするから、エンストします。アクセルを吹かすのは、このクラッチをゆっくり離すときです。

どこで吹かすのかを良く考えて乗れば、間違いなくエンストはしません。

ハンクラッチの時にアクセルをひねる、パワーダウンにならないように。

ツーリングでトイレ休憩

ツーリングクラブなどで、単独でなくチームで行く時のトイレ休憩のトラブルに関しては事前に休憩ポイントを決める事と、バイクインカム無線があれば、遠慮はしなくて直ぐにトイレ休憩しましょう。

インカム無線ない場合でも同じで、信号待ちかなどでトイレに行こうと言いましょうね。

バイクの運転に集中できないことは、即解決することが事故防止や安全運転につながります。

トイレ休憩など問題があれば即解決しましょう。

財布が落ちないか気になる

こちらも、【トイレ同様に】解決しましょう。

解決策

  1. バイクに付けるバックを持つ
  2. ウエストポーチ
  3. リュック

 

このように、財布をポケットに入れると落とす危険を排除していき、上記3つから自分に合ったものを選びましょう。私はウエストポーチがおすすめですし、何かと便利です。

財布はポッケトで無く、ウエストポーチ、リュック、バックに入れる。

合羽を積んでいない

初心者さんに良くありますね、合羽を積んでない事は、夏や暖かいときは濡れることだけで忘れたら仕方なく濡れるのを我慢して乗れますが、真冬や山間部など気温が低いときは致命的に辛いし、乗れません。

合羽は常に積む癖をつけてください。天候は変わります。

合羽は真冬や寒いときには、絶大な必要アイテムになります。なので天候関係なく積んで損はないですから、積む事が当たり前にしましょう。

合羽は絶大のアイテムなので、搭載しましょう。

 

セルスタートOFFでセル

エンジンスタートでセルがあります、必ずセルにはセルスタートがありOFFにしているとセルは回いません。必ず確認しましょう。大概はアクセル側のセルボタン上部に切り替えスイッチがあります。

エンジンをかける前の確認をする、セルスタートON・OFF

カーブでかなりの減速

カーブでの極度の減速は危険行為です。後者の人も自分もです。バイクはある程度のスピードが無いと曲がれないし、転倒したりします。

私のクラブチームにもいましたが、女性ライダーでカーブになると極度の減速をします。

なぜそのようにするのか、疑問におもいまして聞いたら『教習所でカーブは1速、2速で曲がると教えられました。』

確かに教習所の狭いところでは、そう教えて間違いないのですが、一般公道は60キロで走るのに、カーブで20キロ以下にしたら、危ないし自分も危険じゃないですか?運転もしにくくなるし。

女性はカーブは1速2速で曲がることが絶対のルールと思っていたのです、3速4速で曲がってもいいし安全なスピードでスムーズに抜けることがカーブの基本と教えたら、とてもいいライディングになりました。

カーブは安全なスピードでスムーズに抜ける。

バイク初心者あるあるトラブルのまとめ・おさらい

  1. 狭い1車線はカメさん走行をする。
  2. ETCはバイク専用をつける。
  3. 初心者は見た目より乗りやすさ重視のバイクにカスタムする。
  4. いつどこでバイクメンテナンス出来てもいいように最低工具は搭載
  5. ハンクラッチの時にアクセルをひねる、パワーダウンにならないように。
  6. トイレ休憩など問題があれば即解決しましょう。
  7. 財布はポッケトで無く、ウエストポーチ、リュック、バックに入れる。
  8. 合羽は絶大のアイテムなので、搭載しましょう。
  9. エンジンをかける前の確認をする、セルスタートON・OFF
  10. カーブは安全なスピードでスムーズに抜ける。

初心者さんが快適にバイクらいふを楽しむ為に『あるあるミス・トラブル』を今回紹介し説明してきました。

初心者さん頑張れ!『バイクらいふ楽しみましょう』

ABOUT ME
アバター
ひで
CB750㏄乗りのひでです。四国香川県に住む現在42歳でバイク歴24年の、バイクと共に生きてきた人生です。バイク初心者さんの『悩み、不安』を解消できるブログを運営しています。バイクは『モトクロス・アメリカン・ネイキッド』が好きで現在は3台保有中です。これからは『四国の旅、バイクライフ』の楽しみ方、バイク初心者さんがバイクライフを満喫できる、手助けになれるようにブログで発信していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA