バイク初心者講座

【バイク初心者】バイク所有者になる為の3つの目的と7つの知識

ひで
ひで
バイク乗りを愛するひでです(@hideroku42)これからバイクに乗りたいと思っているけどバイクの知識も無いしどしたらいいかわからないと悩むと思います。

そこで今回はバイクに乗るまでの知識を分かりやすく解説したいと思います。

この記事の信頼性として

  • 私は18歳からバイクに乗り現在は43歳で25年間バイクに乗っています。
  • バイクツーリングクラブも主催をしています(参加メンバー20名)

趣味として『バイク』に乗りたいと思いバイクオーナーとしてどんな目的があればいいか?
バイク所有者になる為に最低限度知っておきたい事は、大きく分けると3つあります。

  1. バイクを購入する
  2. バイクに乗る
  3. バイクを売却する

この3つをもう少し詳しくして7つの知識があります。

この記事でわかること

⓵バイク購入までにすることと購入方法
⓶バイクに乗る準備と基本テクニック
⓷バイクを買い替えや納得いく売却方法の仕方

バイク購入

ひで18歳の時初バイク購入『スズキバンディット250』

 

バイクを購入すときの悩みとして多くあるのがどこで購入したらいいのかだと思います。また選び方も良くわからないしバイク屋の店員に押し売りされるのが怖いと思っている人もいます。

大丈夫です。バイク店舗で購入する時はそんなに不安にならなくて大丈夫です。

バイク店舗では色々なバイクをまたがったり定員さんに色々聞いてみることをオススメします。

理由はバイク販売店はバイク初心者を大事にサポートしてくれます。店内に無い場合でもインターネットで探してくれます。どんどん自分が気になるバイクを見てみましょう。

バイクを購入する前に必要になる事があります主に3つの必要な物と知識があります。

  1. バイクの免許証
  2. バイクの購入方法
  3. バイクの選び方

バイクの免許証

バイクを乗る為には必ず必要になる『自動二輪免許証』です。

バイクの免許証は7種類あります。7種類もあるのって思った人も多いとおもいますがMT(マニュアル)とAT(オートマチック)があります。

  1. 原付免許
  2. 小型限定普通二輪免許
  3. AT小型限定普通二輪免許
  4. 普通二輪免許
  5. AT限定普通二輪免許
  6. 大型二輪免許
  7. AT限定大型二輪免許

色々な免許が取得が出来ますが年齢や取得後に運転できるバイクが異なります。

原付免許

二輪免許の中で最も手軽に取得できる免許が原付免許です。

原付免許で運転できるバイクは50CC以下なら乗れます。

小型限定普通二輪免許・AT限定小型限定普通二輪免許

小型限定普通二輪免許で運転できるバイクは125CC以下なら乗れます。

AT小型限定普通二輪免許については、125CC以下のオートマチック車のみ乗ることが出来ます。

普通二輪免許・AT限定普通二輪免許

普通二輪免許で運転できるバイクは400CC以下のバイクが乗れます。

AT限定普通二輪免許については400CC以下のオートマチック車のみ乗る事が出来ます。

大型二輪免許・AT限定大型二輪免許

大型二輪免許は全てバイクが乗れることが出来ます。

AT限定大型二輪免許では650CC以下のオートマチック車のみ乗れることが出来ます。

費用一覧表

免許の種類 教習所料金相場⓵四輪免許あり⓶四輪免許なし 内容
原付免許 ⓵⓶共に4,200円 学科試験・乗り方講習
小型限定普通二輪免許 ⓵75,000円⓶110,000円 学科試験・技能教習・卒業検定
AT小型限定普通二輪免許 ⓵70,000円⓶100,000円 学科試験・技能教習(クラッチ操作なし)卒業検定
普通二輪免許 ⓵90,000円⓶130,000円 学科試験・技能教習・卒業検定
AT限定普通二輪免許 ⓵80,000円⓶110,000円 学科試験・技能教習(クラッチ操作なし)卒業検定
大型二輪免許 ⓵120,000円⓶230,000円 学科試験・技能教習・卒業検定
AT限定大型二輪免許 ⓵120,000円⓶200,000円 学科試験・技能教習(クラッチ操作なし)卒業検定

小型免許から大型二輪免許を取得するにはかなりの費用がかかります。

そこで費用を少しでも安く抑えたいのあれば下記の記事も読んでみてください

大型自動二輪車の免許費用を抑えて取得する方法!裏技テクニックも公開

バイクの購入方法

バイク店舗で購入の場合

バイクを購入するのに必要な物があります。バイクは購入したから直ぐにバイクが手に入るわけではありません。主に必要になるのが車両登録やナンバープレートの発行です。

手続きに必要になる4つ

  1. 住民票1通
  2. 現金(頭金・現金支払いを必要とされる場合)
  3. 印鑑
  4. 口座番号(クレジットによる支払いや分割支払いの際に必要)

※購入者が未成年の場合は、保護者の保証人が必要になります。

車両登録などの手続きが終わって自分の手元にバイクが届くのに1~2週間かかるとされています。

個人売買の場合

友人や知人が乗っているバイクを直接購入することです。友人からバイクを購入する場合は販売店のような登録手数料や整備費用がないので、メリットとしては安く購入できる可能性があります。

個人売買で必要になることは名義変更をする

友人や知人からバイクを買った場合は、速やかに名義変更をしましょう。また個人売買は自分で名義変更をしなければならないので陸運局や役所で変更できます。

名義変更を後回しにすると事故・違反などをすると友人や知人に迷惑がかかり信用がなくなるので速やかに名義変更をしときましょう。

バイクの名義変更の方法は。バイク排気量によって異なります。名義変更場所は原付は市町村の役場125cc越えのバイクは陸運局で行います。

名義変更に必要な物

  • バイク登録書
  • 自賠責保険
  • 旧名義人の住所・氏名・電話番号(住所確認書でもOK)
  • 旧名義人の確印
  • 新所有者の住民票(住所確認書でもOK)
  • 新所有者の確印

※車検切れや250cc越えのバイクやローン購入により所有権留保の場合は、別途に必要書類や車検のための整備と車両の持ち込みが必要になります。

バイクの選び方

バイクの選び方で一番大事になるのが乗りたいバイクが決まっているのか決まっていないのかで選び方が違います。

今回はバイク初心者向けの選び方を紹介します。

自分が乗りたいバイクが決まっている人は乗りたいバイクを優先にバイク店舗で見ることをオススメします。

まだ何を乗っていいのかわからず、選び方に悩んでいる人には今回参考にしてほしい4つの選び方を紹介します。

  1. 扱いやすさで選ぶ
  2. 排気量で選ぶ
  3. デザイン・タイプで選ぶ
  4. メーカーで選ぶ

この4つを参考にしてみてください。

【例えば】

扱いやすい+デザイン+メーカーで選びバイク店舗に行ってみる。

軽くて足つきがいい +ネイキッド+HONDAで車種を選びます。

扱いやすさで選ぶ

1番大事なのは(足つき)だと思います。バイクは当たり前ですがタイヤが2つです。そこで重要になるのがバランスが必要になります。足つきが良いとこの不安がなくなるということです。

バイク初心者は不安があることから除外しながら扱いやすそうなバイクを選びましょう。

  • 足つきが良い
  • 車重が軽い
  • ポジションの楽さ
  • 操作性が軽い
  • 取り回しが簡単

この5つが基本扱いやすいバイクになります。

排気量で選ぶ

バイク選びで費用面で関係してくるのが排気量の問題です。バイクでは50ccから250cc以下は車検がありません。したがって維持費が楽とされています。

また251cc以上は車検が必要になり維持費がかかるとされています。

維持費比較表

軽自動車税

排気量 軽自動車税
50cc以下 2,000円
50 cc〜90cc 2,000円
91cc〜125cc 2,400円
126cc〜250cc 3,600円
251cc以上 6,000円

重量税

排気量 重量税
50cc以下 0円
50cc〜90cc 0円
91cc〜125cc 0円
126cc〜250cc 4,900円
251cc〜400cc(初年度登録後12年まで) 1,900円/年
251cc〜400cc(初年度登録後13年〜17年) 2,200円/年
251cc〜400cc(初年度登録後18年以上) 2,500円/年
401cc以上(初年度登録後12年まで) 1,900円/年
401cc以上(初年度登録後13年〜17年) 2,200円/年
401cc以上(初年度登録後18年以上) 2,500円/年

自賠責保険

排気量 1年契約 2年契約 3年契約 4年契約 5年契約
125cc以下 7,500円 9,950円 12,340円 14,690円 16,990円
126cc〜250cc以下 8,650円 12,220円 15,720円 19,140円 22,510円

※250cc以上は車検の時に諸費用などに自賠責保険の費用を含み別途に車検代が加算されます。

排気量で考えるなら費用を抑える抑えないを1度考えてみましょう。

例えば

250ccなら

  • 軽自動車税3,600円
  • 重量税4,900円
  • 自賠責保険2年契約12,220円
  • 合計20,720円

費用と乗りたいバイクを考えることで無駄を防ぐようにしましょう。250cc以上のバイクを購入して車検代や費用がかかるから放置するようになれば、次に乗る時に修理代や劣化商品交換代と余分に費用が加算されるようになります。

この記事の後半では『バイクの売り方』も説明しています、バイク所有者としての知識が学べるのと無駄にしないことが出来ます。

デザイン・タイプで選ぶ

バイクで選ぶことで気になるのがバイクのスタイルやデザインで悩んだりすることが多いと思います。

見た目はかなり重要でバイクを購入する前はいろいろ想像すると思います。

【例えば】

ワイルドにカッコよく乗りたいと憧れているならアメリカンバイクでワイルドな感じを探す。

バイクにはタイプ的ジャンルが10個あります。

  1. ネイキッド
  2. スーパースポーツ
  3. クルーザー(アメリカン)
  4. ストリートファイター
  5. オフロード
  6. モタード
  7. ツアラー
  8. アドベンチャー
  9. トラッカー
  10. ビッグスクーター

詳しく知りたい方はこちらの記事がわかりやすく説明しています。

メーカーで選ぶ

日本メーカー4社

海外の主なメーカー5社

上記のメーカーを知りたい方は全て『公式サイト』にいけるので一度見てみることをオススメします。メーカーごとに様々な良さがあります。

バイクに乗る

CB750RC42に乗って海岸線走る

 

バイクを購入したら次はバイクに乗りたくなります。快適に走りよく風になりと言う人もいますね。そこでバイク初心者で重要になることが3つあります。

  1. バイク乗りの装備
  2. バイクツーリングクラブ
  3. バイクの基本操作

この3つは最低でも知識として覚えて欲しいことです。

バイク乗りの装備

バイクの装備はバイク乗りとして1番重要とされています。

なぜならバイクは車と違って、生身がむき出しの状態で乗ります。そこで自分の『命』を守ってくれるのがバイク専用の用品や装備になります。

バイク事故で1番多く『死亡』の原因になるのが頭と胸の怪我です。

バイクは危険な乗り物に関しては確かに危険と隣合わせと言えるでしょう。だからきちんとした装備が必要になります。

バイクツーリングクラブ

バイクを購入しバイクに乗ってみることが終わったら次はツーリングに行きたいと思うのがバイク所有者になての楽しみだた思います。

そこでまた1つ悩みが出てきますね、バイクツーリングに行きたいけどどうすればいいのか?またバイク友達を作りたいけど友達にはバイク乗りいないしな。

このように考えて悩んでいる人も多いと思います。

1つ参考にして頂きたいことは全国地域別にバイクツーリングクラブ掲載場がインターネットで閲覧できます。

そのサイトはこちらで『バイクヤード』です。全国のバイクツーリングクラブがメンバー募集をしているサイトです。ここで自分の住まいの地域で探すのもオススメします。

ちなみに僕の主催ツーリングクラブもあります。『香川県 スマイルツーリングクラブ

バイクを売却する

ガレージに眠るバイク

 

バイクを売却方法は、買取業者・個人売買・バイク販売店』といった売却方法があります。

誰もが思う『出来るだけ高値で売りたい』と考えていると思います。

そこで1番に知るべき方法は現在自分のバイクはいくらで売れているのかを調べることです。

バイクの買取相場を知ってから上記の方法で売却します。

下記からバイク買取相場が調べれます。

バイク買取価格を調べるなら「バイク比較.com 」

  1. バイク買取業者
  2. バイクを高く売る方法

 

バイク買取業者

バイク買取業者は全国に多くあります。その中でも業界のトップ5を紹介したいと思います。

[バイク王]ランキング1位
バイク業者の中では最大級の規模を誇ります。買取実績170万台以上の実績をもつのがバイク王です。買取対象バイクはメーカー・車種を問わず24時間365日体制で査定受付をしてくれます。買取を気軽に申し込めるので初心者でも安心感のあることが業界1位となっている要因です。

 

無料出張価格 全国無料
24時間対応 24時間365日(オンライン、電話)
出張査定エリア 全国
キャンペーン 特に無し

バイク王

[バイクランド]ランキング2位
バイクランドは業界トップレベルの大規模バイク買取業者です。信頼性では運営企業は上場企業で信頼性としては抜群に高いです。
大手ならではのフットワークを生かしスピード感ある対応と手厚いサービスを受けれます。

 

無料出張価格 全国どこでも無料・キャンセル料手数料一切なし
24時間対応 24時間オンライン査定、電話受付(0120-11-8198)9〜22時まで相談可能
出張査定エリア 全国対応※沖繩・離島・鳥取・島根は出張査定の対象外
キャンペーン 店頭に持ち込んで買取額最大3万円プラス

バイク買取・査定ならバイクランド

[バイクブーン]ランキング3位
バイクブーンの最大の特徴は幅広いバイクジャンルに対応していることです。
その中でも旧車や希少価値のバイク買取に力を入れています。
買取で断れるのが多い『ハーレー』や『カスタム車』なども専門的な知識を持っているので正しく評価してくれます。
無料出張買取 全国無料
24時間対応 24時間365日
出張査定エリア 全国
キャンペーン 特に記載無し

バイクブーンの高価バイク買取!

[バイクブロス]ランキング4位
バイクブロスの買取査定はバイク買取の専門企業を紹介しています。一括査定比較サイトで最も高い売却金額を無料で見つけることが出来ます。
無料出張買取 全国無料
24時間対応 24時間365日(オンライン電話受付)
出張査定エリア 全国(沖縄一部地域を除く)
キャンペーン 特になし

バイクブロス愛車無料一括査定

[バイクワン]ランキング5位
バイクワンは『オンライン自動査定システム』を活用しており、バイクオークション相場、業者間取引相場、中古バイク流通相場等の相場情報が豊富で参考し査定額を計算します。
無料出張買取 全国無料
24時間対応 24時間365日(オンライン電話受付)
出張査定エリア 全国対応
キャンペーン 乗り換え支援キャンペーン+3万円、LINE友達追加+3万円

バイク買取専門店バイクワン

今回はバイク買取業者トップ5つを紹介しました。バイクを売却する時に相場を知らず安く売る羽目にならないように知識としてしっておきましょう。

バイクを高く売る方法

バイクを高く売る方法としては、大きく2つあります。

  1. 買取業者は最低2社以上にしてもらう
  2. バイクの程度(メンテナンス)

この2つが大きくバイクの売却に関係してくるとおもいます。

買取業者は最低2社以上

バイクの買取相場で調べてある程度の金額がわかるとします。

1社はそこそこの値段で買取しますの返事をもらいます。しかし2社目はもっと高額で買い取るとあればバイクを売却する側からしたら一番高く売ることが出来るのが一番いい事です。

1社では比較ができないのでやはり2社以上に査定してもらいましょう。

バイクの程度(メンテナンス)

バイクは日ごろのメンテナンスで痛みや劣化品がだいぶん違いが出てきます。買取業者はどうしても痛みと劣化が多いバイクは好みません。

買い取っても修理費が多くかかると売り出し価格と利益の差が無くなるからです。

なので日ごろのメンテナンスと保管はきちんとしときましょう。

下記の記事も参考に読んでみてください。

バイク所有者になる為のまとめ

どうでしたか?バイク所有者になる為の知識がわかったと思います。

大事なのはバイクを購入し乗ってバイクライフを楽しみ『思い出』を作ったバイクとの別れまでの仕組みを知る事がバイク乗りとしての責任です。

今回の3つの知識と7つの目的であなたもバイク所有者になります。

 

ABOUT ME
アバター
ひで
CB750㏄乗りのひでです。四国香川県に住む現在42歳でバイク歴24年の、バイクと共に生きてきた人生です。バイク初心者さんの『悩み、不安』を解消できるブログを運営しています。バイクは『モトクロス・アメリカン・ネイキッド』が好きで現在は3台保有中です。これからは『四国の旅、バイクライフ』の楽しみ方、バイク初心者さんがバイクライフを満喫できる、手助けになれるようにブログで発信していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA